シナリオ・台本

【HEARシナリオ部】2021年8月のシナリオ『流星が教えてくれる』

※今回の作品は性別・一人称を変更して、自由にお読みいただけます。

 たけのこは音声投稿サイトHEARで「HEARシナリオ部」に所属しています。

 物語創作が好きなユーザーによる部活で、HEAR内に限り自由に使ってもらえるシナリオを制作・公開するのが主な活動です。

 今回は「キャンプ」をテーマにしたシナリオ『流星が教えてくれる』を掲載します。よろしければ朗読にお使いください。

<2021/08/26追記>「これで空を毎日見上げていれば」を「こんな空を毎日見上げていれば」に修正させていただきました。

『流星が教えてくれる』本文

 連休明けのおかげか、キャンプ場には客がいなかった。
 誰にも会わないのは気が楽だし、都合がいい。

 車のグローブボックスを開けて、封筒から中身を取り出す。

 「疲れました。ごめんなさい」

 落ちこぼれ社会人が書いた一行の、なんと薄っぺらいことか。
 我ながら、重みがないと思ってしまう。

 仕事じゃ結果を出せず、何をやってもカラ回り。
 いつだって真剣なのに、誰も分かってくれない。
 怒られるか、馬鹿にされる毎日。ずっとそうだ。

 明日が怖くなって、だから今日で終わりにすると決めた。

 準備をするため車を降りると、太陽が私を貫く。
 正義感たっぷりの光で、私の行為を責め立てる。

 考えたけど、もうこれしかないんだ。分かってほしい。

 あいつがいなくなるまで時間を潰そう。
 私は逃げ込むように近くの森へ入った。

 

 枝葉(えだは)の擦れ合う音色が、耳にこびりついた罵詈雑言(ばりぞうごん)を引き剥がす。澄んだ空気には、苦々しい二酸化炭素の臭いがない。

 息を吐けば、内に溜まった重たい澱(よど)みがどんどん出て行く気がした。
 捨てたかったものが、ようやく手放せる。
 走馬灯には綺麗な思い出が映ると期待しよう。

 

 森の小道を進むと、小さな川が流れていた。
 穏やかで、水も透き通っている。
 手を浸すと、くすぐったい感触が包みこむ。この水は優しい。

 私は大きい石に腰掛け、目を閉じた。
 せせらぐ川の声も、緑に響く鳥の歌も、私を邪魔者扱いしない。

 水面の煌めきが茜色に染まるまで、私は耳を傾けていた。

 

 車へ戻ると、真っ赤に燃える正義の使者が沈んでいた。
 遠い山々の谷間に、ゆっくりと、ゆっくりと、落ちていく。

 なんだか、魂の宝石を胸にしまい込むようだ。
 そっと、大切に、吸い込まれていく。

 いつまでも見ていたい。
 そう願って気がついた。

 私はいま、時間を感じている。
 早く過ぎてほしいと願ってばかりいた時間に、尊さを覚えている。

 留めることのできない美しさが、私の中に沁み込んでいた。

 

 そして空は暗くなり、闇が私の感情を塗りつぶす。
 この夜が明ければ、居場所のない日常に戻らなきゃいけない。

 だからここで終わりにしないと。

 

 私は準備を整え、運転席に座る。
 じたばたしていた心臓も、時間と共に落ち着いてきた。

 身体に変化を感じる。もうちょっとだ。

 ぼんやりとフロントガラスを眺める。
 星々は、みんな自分が一番だと輝いていた。

 これでこんな空を毎日見上げていれば、人生はよい方向に向かったのかな……なんてそんなの、今さら考えても遅いこと。

 まぶたに重さを感じると同時に、闇が深くなり、いよいよ意識がまどろむ。
 大小さまざまな光が溶けて、形を失っていく。

 涙が頬を伝った。
 拭うこともせず、目を閉じる。

 その寸前。

 すべてが混じりあう景色の中で、一筋の流星が夜を切り裂いた。
 そのまま流星は私の心へ吸い込まれていくと、閉じゆく扉の隙間に滑り込む。

 そして中で、ぱぁん、と光が弾けた。

 私は無意識に運転席のドアをこじ開けて、外に転がり出る。
 次第に覚醒する頭で、いまの出来事を振り返った。

 いまのは、夢……じゃない。

 あの流星はたしかに、私の中へ光を届けた。
 だから分かったんだ。

 孤独な闇をかき分ける強さを。心を救ってくれる世界があることを。

 私は車内に置いた練炭コンロを消し、別れの封筒を破り捨てる。
 車内の換気を済ませると、座席に再び身体を沈めた。

 どうしようもなくなったら、またここへ来よう。

 私は、私を許してくれる場所に抱かれて、心地よい眠りに就いた。

<終>

シンプルな画面で読みたい方はnoteの記事をどうぞ

 シンプルにお話だけを表示したい、という方はSNSサービス『note』の記事をご覧ください。同じ作品を投稿しています。

スポンサーリンク

利用規約について

・各部員の作品はHEAR内でのみ自由に朗読していただけます。許可などの連絡も不要です

・BGMやSE、サムネイルは自由につけていただいて構いません

・一部抜粋しての朗読も可です

・ハッシュタグ「#HEARシナリオ部」をご利用ください(タグがないと検索に引っかからず、投稿作品のシェアが困難になるためです)

 朗読していただいた作品はHEARシナリオ部のラジオ『広報「シナリオ部です。」』内でご紹介させていただきます。

 ※収録日の関係で翌月のご紹介となる場合もございます。ご了承ください。

HEARシナリオ部の投稿作品まとめページ

 部員の作品投稿リンクをまとめました。朗読していただいたHEARユーザーのみなさまの投稿リンクも合わせて掲載しているので、ぜひお聴きください。

【HEARシナリオ部】2021年2月~4月の作品まとめページ HEARシナリオ部の2021年2月から5月までの投稿作品をまとめたページです。リンクから部員それぞれの作品ページへ移動することができま...
【HEARシナリオ部】2021年5月~8月の作品まとめページ HEARシナリオ部の2021年5月から8月までの投稿作品をまとめたページです。リンクから部員それぞれの作品ページへ移動することができま...
【HEARシナリオ部】2021年9月~12月の作品まとめページ HEARシナリオ部の2021年9月から12月までの投稿作品をまとめたページです。リンクから部員それぞれの作品ページへ移動することができ...

HEARシナリオ部の番組紹介

 HEARシナリオ部がお届けするラジオ『広報「シナリオ部です。」』は音声配信サイトHEARさんで、毎月第2金曜日に配信しています。

 作品や朗読していただいた方の紹介、部員による創作の裏話などお話しておりますので、ぜひお聴きください。よろしくお願い致します。

ABOUT ME
たけのこ
登録販売者資格を持つドラッグストア店員です。 趣味で小説投稿やゲーム実況なども行っております。よろしければそちらもご覧くださいませ。