シナリオ・台本

【HEARシナリオ部】2021年11月のシナリオ『重罪勇者ハ異世界ニ狂フ』

 たけのこは音声投稿サイトHEARで「HEARシナリオ部」に所属しています。

 物語創作が好きなユーザーによる部活で、HEAR内に限り自由に使ってもらえるシナリオを制作・公開するのが主な活動です。

 今回は「異世界転生モノ」をテーマにしたシナリオ『重罪勇者ハ異世界ニ狂フ』を掲載します。よろしければ朗読にお使いください。

重罪勇者ハ異世界ニ狂フ』本文

「なんで……なんでこんな世界になっちゃったんだよっ!」

 息も切れ切れに、それでも僕は走り続ける。
 あいつらに捕まったら人生の終わりだ……!

 背後から無数の足音。追跡者たちが迫ってきた。
 街の人々は白昼の逃走劇を見向きもせず、手元の端末に神経を注ぐ。

「お前ら現実見ろよ!」

 追跡者との距離が縮まる。
 引きこもり中学生のステータスじゃ、奴らに太刀打ちできるわけもない。

 きっとこれは悪夢なんだ……負けイベントなんだ。とにかく逃げるしかない!

 ビルの隙間に飛び込み、入り組むダンジョンのような路地裏を駆ける。

 錆びついたドアが目に入った。
 僕はとっさに飛び込む。

 薄暗い室内。都合がいい。
 物陰に隠れて、乱れた息を押し殺す。

 ……すべては『あの日』のせいだ。
 
 僕はこんな世界、望んでなかった。
 こんな国が存在するわけがない。
 あり得ない、リアルじゃない、みんな狂ってる……!

「そうだ……僕は事故で異世界に転生してきたんだ。そうに違いない。そうじゃなきゃ……こんな目にあっていない……!」

 破裂音が響く。
 ドアが破られ、たくさんの追跡者が押し寄せる。

 駄目だ。もう、逃げられない。

 僕は拘束された。
 ゲームオーバーだ。

 この国が異世界と化したのは、三年前に施行された『法律』が原因だった。

 ゲーム産業の著しい発展に伴い、政府も海外向け政策の一環として資金を援助。
 結果として、この国の経済を支えるコンテンツとなった。

 同時に中毒性の高い文化としても国内に広がり、みんながゲームを最優先にして生きるようになる。

 すべての中心がゲームになった。
 生活も、仕事も、人間関係も、争いの火種も。

 だから新たな法律が生まれた。

 僕だってゲームは大好きだ。
 でもそれは、リアルの世界を侵食するものじゃない……そう思っていたのに。

 新しいルールは、現実と空想の垣根を曖昧にした。

 そのせいで僕は罪を背負う。

 
 公園で友達と対戦ゲームをしていたときだ。

 僕が何百時間と費やし、育てたキャラクターは、あっさりと負けてしまった。
 寝る間も惜しんで育成した、努力の集大成だったのに。

 泣いてしまった僕はさんざん馬鹿にされて、笑われて、悔しくて、腹立たしくて……それで相手のゲーム機を叩き落としてしまった。

 気づいたら走っていた。

 捕まれば、狂ったルールに裁かれる。

 それが怖かったから、路地裏で拘束されても叫び続けた。

 こんな世界はありえない、と。

 逮捕から二か月後。
 僕は法廷で裁判官の無慈悲な声を聞いていた。

 被告人に対するセーブデータ消失事件について、次の通り判決を言い渡します。
 主文、被告人を懲役九年に処す。

 僕が叩いた衝撃で消してしまったのは、千時間以上を費やした育成データ。それが三つだ。データコピーできないゲームで、復元も不可能。

 二度とキャラクターは戻ってこないし、失った時間は取り戻せない。
 だからこそ、セーブデータ消失は重罪とされた。

 僕が罪を償うあいだ、国のゲームテクノロジーは発展し続けた。

 ネットワークの進化に伴い、通信対戦は有線から無線へ。
 数年後、オンライン上での記録保存が可能になった。
 データ保管の安全性は高まり、物理媒体だけに記録を残すことはなくなる。

 やがてセーブデータ消失に関する法律は廃止された。
 必要なくなったから。

 けれど罪は消えない。

 だから信じている。
 この独房の中で。

「僕は異世界に転生したんだ……この狂った世界を救う勇者なんだ……はは、あはハ、はハハ……!」

<終>

シンプルな画面で読みたい方はnoteの記事をどうぞ

 シンプルにお話だけを表示したい、という方はSNSサービス『note』の記事をご覧ください。同じ作品を投稿しています。

スポンサーリンク

利用規約について

・各部員の作品はHEAR内でのみ自由に朗読していただけます。許可などの連絡も不要です

・BGMやSE、サムネイルは自由につけていただいて構いません

・一部抜粋しての朗読も可です

・ハッシュタグ「#HEARシナリオ部」をご利用ください(タグがないと検索に引っかからず、投稿作品のシェアが困難になるためです)

 朗読していただいた作品はHEARシナリオ部のラジオ『広報「シナリオ部です。」』内でご紹介させていただきます。

 ※収録日の関係で翌月のご紹介となる場合もございます。ご了承ください。

HEARシナリオ部の作品はこちらからどうぞ

 部員の作品投稿リンクをまとめました。朗読していただいたHEARユーザーのみなさまの投稿リンクも合わせて掲載しているので、ぜひお聴きください。

【HEARシナリオ部】2021年2月~4月の作品まとめページ HEARシナリオ部の2021年2月から5月までの投稿作品をまとめたページです。リンクから部員それぞれの作品ページへ移動することができま...
【HEARシナリオ部】2021年5月~8月の作品まとめページ HEARシナリオ部の2021年5月から8月までの投稿作品をまとめたページです。リンクから部員それぞれの作品ページへ移動することができま...
【HEARシナリオ部】2021年9月~12月の作品まとめページ HEARシナリオ部の2021年9月から12月までの投稿作品をまとめたページです。リンクから部員それぞれの作品ページへ移動することができ...

HEARシナリオ部の番組紹介

 HEARシナリオ部がお届けするラジオ『広報「シナリオ部です。」』は音声配信サイトHEARさんで、毎月第2金曜日に配信しています。

 作品や朗読していただいた方の紹介、部員による創作の裏話などお話しておりますので、ぜひお聴きください。よろしくお願い致します。

竹乃子椎武の創作作品一覧オーディオドラマ脚本一覧 ・(1人朗読)伝記:ドートル【5~10分】 ・(1人シナリオ)スリーウェイリバーサイドにて【5~10分】 ...
ABOUT ME
たけのこ
登録販売者資格を持つドラッグストア店員です。 趣味で小説投稿やゲーム実況なども行っております。よろしければそちらもご覧くださいませ。