シナリオ・台本 PR

【HEARシナリオ部】2022年2月のシナリオ『そんなあの子は鬼娘(オーガール)』

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 たけのこは音声投稿サイトHEARで「HEARシナリオ部」に所属しています。

 物語創作が好きなユーザーによる部活で、HEAR内で自由に使ってもらえるシナリオを制作・公開するのが主な活動です。

 今回は「鬼」をテーマにしたシナリオ『そんなあの子は鬼娘(オーガール)』を掲載します。よろしければ朗読にお使いください。

『そんなあの子は鬼娘(オーガール)』本文

 俺は知っている。
 彼女が『鬼』であることを。

「お前らぁ!サボってないで掃除しろぉ!!」

 教室内に轟く咆哮。左手一本で椅子を軽々と掲げ、遊んでいる男子を追いかけ回している。

 そんな彼女の名前は男鹿香菜子(おが かなこ)。

 父親は昔「鬼」と呼ばれた有名なレスリング選手。
 その血を引いて、厳しく育てられた娘もまた、去年の中学生レスリングの全国大会で準優勝を果たした。

 力が強くて、気が強くて、口調が強い。
 三拍子そろった性格のせいで、いつからか、西洋の鬼とかけて「オーガ」とか「金棒カナゴン」なんて呼ばれるようになった。今の様子じゃ、否定はできない。

 右手にも椅子を持って怒り狂う鬼を眺めながら、俺は窓際で今日の日誌を書く。
 換気をするために入ってくる二月の風は猛烈に冷たい。
 それでも、サボリ男子どものとばっちりを食らうよりマシだ。

 あっ。

 逃げ回っていた一人が俺にぶつかり、手の中からシャープペンが飛び出した。
 四階からフライハイして、校舎裏の池にポチャリ。

 マジか……。

 池の前まで降りてきた俺は、腕をまくり、靴に指をかける。

「ちょっと、まさか入る気!? いま二月よ!?」

 追いかけてきた香菜子にシャープペンが落ちたと伝えて、池に足をつっこむ。

 ……ッッ!!!

 極寒の電流が、足から頭のてっぺんまで一気に駆け上がった。

 思ってたよりすげぇ冷たい……!

「早く出なさい! 聞こえないの!? 国語のテストが十八点でも日本語分かるでしょ!」

 個人情報を開示され続けても、俺は池の中を探した。
 いよいよ小学校のつうしんぼまでバラされそうだという直前で、ようやくシャープペンを見つける。よかった。

 陸地に上がっても、香菜子の責め苦は終わらない。

「頭悪すぎる! 風邪引いても知らないから! そんな古くて安いシャープペン、また買えばいいだけでしょ!?」

 値段は知らないけど、そういうわけにもいかない。
 お前のせいじゃないと言って、俺は教室に戻った。

 翌日、俺はおでこにタオルを載せて、ベッドの中で天井を見つめていた。
 これは……絶対にめちゃめちゃ怒られるぞ……。

 予想はその日の夕方に的中した。

「だから言ったじゃない!」

 ベッドの隣で香菜子の説教が始まった。宿題やノートの写しを持ってきてくれたのは感謝するから、そろそろ寝かせてくれ。

「最高気温が何度か教えたよね! 一桁の数字も理解できないの!? シャープペンなんて他に持ってるんだから困らないでしょ! 短絡的! 考えなし! そういうところ昔から理解不能! 言ってる意味分かる? 馬鹿すぎるって言ってんの!」

 顔を真っ赤にして、八重歯を尖らせて、怒鳴り散らす。

「どうして取りに言ったの!!」

 お前がくれた誕生日プレゼントだからだよ。

 布団の中から伸ばした指先で、鬼の目に溜まった涙を拭ってやる。

「信じらんない……ほんとばか……。二度としないでよね……」

 俺は知っている。
 彼女が『鬼』であることを。

 口が悪くて、気持ちを素直に言えない、ひねくれ者。

 そんな彼女は『天邪鬼(あまのじゃく)』。
 厳格な親に弱音を取り上げられ、強い言葉しか吐けなくなった、本当は優しい女の子。

「……なんでニヤニヤしてるの。きしょい」

 別に。
 かわいい鬼だな、って思っていただけだよ。

〈終〉

利用規約について

・各部員の作品はHEAR内で自由に朗読していただけます。許可などの連絡も不要です

・BGMやSE、サムネイルは自由につけていただいて構いません

・一部抜粋しての朗読も可です

・ハッシュタグ「#HEARシナリオ部」をご利用ください(タグがないと検索に引っかからず、投稿作品のシェアが困難になるためです)

(2022年4月7日より)「竹乃子椎武」名義の作品は指定のクレジットを記載していただければ、HEAR外でもご利用いただけます。

外部利用する場合のクレジット表記は以下の3項目です

①台本のタイトル
②作者名と所属する部活(作者名:竹乃子椎武、所属:HEARシナリオ部)
③台本が投稿されている投稿URL(個人サイトや外部サイトに関わらず、ご覧いただいたページのURLおひとつだけで構いません)

<記載例>
One-shot Lover!
作者:竹乃子椎武(HEARシナリオ部)
https://takenokogurashi.com/hear-scenario-club-202102

※クレジット表記できない場合は、音声内のどこかで読み上げをお願い致します(URLは不要です)

 詳しくは台本利用規約の「HEARシナリオ部作品の使用について」をご覧ください。

スポンサーリンク

HEARシナリオ部の作品はこちらからどうぞ

 部員の作品投稿リンクを4か月ごとにまとめています。朗読していただいたHEARユーザーのみなさまの投稿リンクも合わせて掲載しているので、ぜひお聴きください。

【HEARシナリオ部】投稿作品まとめ一覧 HEARシナリオ部の投稿作品をまとめたページの一覧です。こちらから各部員のシナリオ掲載ページや、朗読していただいた皆さまの投稿ページに...

HEARシナリオ部の番組紹介

 HEARシナリオ部がお届けするラジオ『広報「シナリオ部です。」』は音声配信サイトHEARさんで、毎月第2金曜日に配信しています。

 各作品やHEAR内で朗読投稿していただいた方の紹介、部員による創作の裏話などお話しておりますので、ぜひお聴きください。よろしくお願い致します。

竹乃子椎武の創作作品一覧 竹乃子椎武が制作したシチュエーションボイスや脚本、ショートシナリオを公開しています。規約をご覧いただいた上で、ご自由にお使いください。...
ABOUT ME
たけのこ
登録販売者資格を持つドラッグストア店員です。 趣味で小説投稿やゲーム実況なども行っております。よろしければそちらもご覧くださいませ。