シナリオ・台本 PR

【HEARシナリオ部】2022年7月のシナリオ『猫をかぶったネコ』

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

たけのこは音声投稿サイトHEARで「HEARシナリオ部」に所属しています。

 物語創作が好きなユーザーによる部活で、HEAR内で自由に使ってもらえるシナリオを制作・公開するのが主な活動です。

 今回は「動物」をテーマにしたシナリオ『猫をかぶったネコ』を掲載します。よろしければ朗読にお使いください。

『猫をかぶったネコ』本文

「よし、完璧……にゃ!」

 鏡の前で、せいいっぱいのキメ顔を見せる一匹のネコ。
 ていねいにブラッシングした三色の毛並みを確認してから、震える手で家のドアを閉めます。

「今日こそあの子に告白する、にゃ!」

 向かうのは雑木林(ぞうきばやし)の中にある、古くて小さいお寺。

 賽銭箱(さいせんばこ)の隣には、今日も白いネコが座っていました。
 揃えた前足は姿勢が良く、毛足はシルクのようにツヤツヤ。パッチリとした青い瞳(ひとみ)のネコです。

 出会ったのは一か月前。好きな本の話題から話が弾み、楽しそうに語る声に魅(ひ)かれて好きになったのです。

 三毛ネコは白いネコの隣に座ると、一輪のお花を差し出しました。
 おこづかいを貯めて買ったチューリップです。

「よかったらボクと、おいしいミルクを飲みに行きませんか! にゃ!!」

「ごめんなさいにゃ」

 あっさりと返ってきた言葉に、三毛ネコは涙を抑えて聞き返します。

「なんでダメなの……?」

「猫を被っているからにゃ」

 白いネコは音もなく立つと、ゆっくり林の中に消えていきました。

 翌日。フラれた話をクラスメイトのキツネに話すと、けらけらと笑われました。

「なんだよ『にゃ』って。お前そんな話し方したことねえだろ。気持ち悪いな」

「カッコつけたかったんだ。ちゃんとした猫だって見せたくて……」

「そんな芝居に馬鹿されるやつぁいねえよ。付き合ったら化けの皮なんて剥がれるんだ。騙すなら完璧に化けろ。それができなきゃ、最初から猫なんて被るな」

 話したあと、キツネが売店でいちごミルクを奢ってくれました。
 なんだか、いつもより味が薄い。そんな気がします。
 

 学校の帰り道。三毛ネコは土手に流れる川を覗き込みました。
 映るのはイケメンとは程遠い、冴えない見た目。テストの点数も良くないし、かけっこだって早くない。自分に自信なんて持てません。

 それでも浮かんでくるのは、好きな相手と話した時間。
 白いネコに対する想いは、ずっと心に残ったままです。
 
「カッコつけてもダメ……だったら今度は、ありのままで告白しよう!」

 三毛ネコはいても立ってもいられず、雑木林に向かいます。
 お寺に到着すると、目つきのとがったオオカミが白いネコに絡んでいました。

「こ、こわい……でも助けに行かなきゃ! やあー!」

 三毛ネコは飛びかかりましたが、紙ふうせんのように跳ね飛ばされます。
 そのとき、白いネコの手がもこもこと膨れて、ゾウのように太くなり、オオカミを一撃で林の奥に吹き飛ばしました。

 元に戻った白いネコが、驚いている三毛ネコに話しかけます。

「助けてくれてありがとうにゃ。でも見たでしょ? だから……さよならにゃ」

「待って! これ、受け取ってください」

 三毛ネコは四葉のクローバーを差し出しました。土手で偶然見つけたものです。

「今のはびっくりしたけど……それでも、よかったら僕と、公園でお散歩してくれませんか?」

「……ごめんなさいにゃ」

 白いネコはしゅんとして答えました。

「私は、あなたが思っているような猫じゃないにゃ」

「君も猫を被っていたから? 大丈夫、僕も被っていたんだからお互い様だよ」

「ちがうにゃ。本当に被っているにゃ」

「……どういうこと?」

 悲しそうな白いネコから煙がもくもくと立ち上り、ぽん、と音が鳴ります。

「ごめんなさい。私……本当はタヌキなの」

 煙が晴れると、ころりと丸い体が現れました。

「私はぽっちゃりしてるし、毛並みもくしゅくしゅして可愛くないから、キレイなネコに化けていたの。今まで騙していてごめんなさい」

 タヌキがすんすんとこぼす涙を、三毛ネコの肉球が受け止めます。

「猫でも狸でも関係ないよ。君が好きなんだ。だからもっと、君のこと知りたいな」

 柔らかなオレンジ色に包まれた夕暮れ。四葉のクローバーを握る手が、そっと重なりました。

<終>

利用規約について

・各部員の作品はHEAR内で自由に朗読していただけます。許可などの連絡も不要です

・BGMやSE、サムネイルは自由につけていただいて構いません

・一部抜粋しての朗読も可です

・ハッシュタグ「#HEARシナリオ部」をご利用ください(タグがないと検索に引っかからず、投稿作品のシェアが困難になるためです)

「竹乃子椎武」名義の作品は指定のクレジットを記載していただければ、HEAR外でもご利用いただけます。

外部利用する場合のクレジット表記は以下の3項目です

①台本のタイトル
②作者名と所属する部活(作者名:竹乃子椎武、所属:HEARシナリオ部)
③台本が投稿されている投稿URL(個人サイトや外部サイトに関わらず、ご覧いただいたページのURLおひとつだけで構いません)

<記載例>
One-shot Lover!
作者:竹乃子椎武(HEARシナリオ部)
https://takenokogurashi.com/hear-scenario-club-202102

※クレジット表記できない場合は、音声内のどこかで読み上げをお願い致します(URLは不要です)

 詳しくは台本利用規約の「HEARシナリオ部作品の使用について」をご覧ください。

スポンサーリンク

HEARシナリオ部の作品はこちらからどうぞ

 部員の作品投稿リンクを4か月ごとにまとめています。朗読していただいたHEARユーザーのみなさまの投稿リンクも合わせて掲載しているので、ぜひお聴きください。

【HEARシナリオ部】投稿作品まとめ一覧 HEARシナリオ部の投稿作品をまとめたページの一覧です。こちらから各部員のシナリオ掲載ページや、朗読していただいた皆さまの投稿ページに...

HEARシナリオ部の番組紹介

 HEARシナリオ部がお届けするラジオ『広報「シナリオ部です。」』は音声配信サイトHEARさんで、毎月第2金曜日に配信しています。

 各作品やHEAR内で朗読投稿していただいた方の紹介、部員による創作の裏話などお話しておりますので、ぜひお聴きください。よろしくお願い致します。

竹乃子椎武の創作作品一覧 竹乃子椎武が制作したシチュエーションボイスや脚本、ショートシナリオを公開しています。規約をご覧いただいた上で、ご自由にお使いください。...
ABOUT ME
たけのこ
登録販売者資格を持つドラッグストア店員です。 趣味で小説投稿やゲーム実況なども行っております。よろしければそちらもご覧くださいませ。