シナリオ・台本 PR

【HEARシナリオ部】2022年5月のシナリオ『ハリネズミに愛の手を』

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 たけのこは音声投稿サイトHEARで「HEARシナリオ部」に所属しています。

 物語創作が好きなユーザーによる部活で、HEAR内で自由に使ってもらえるシナリオを制作・公開するのが主な活動です。

 今回は「アレルギー」をテーマにしたシナリオ『ハリネズミに愛の手を』を掲載します。よろしければ朗読にお使いください。

『ハリネズミに愛の手を』本文

「どうもありがとうございます!!」

 せっかく拾ってもらったハンカチをひったくると、ヒールをガツガツ鳴らしてトイレにかけこむ。

「ハァ……はぁー……はぁぁ……がんばってお礼言ったつもりだけど……やっぱり、怒鳴ったようにしか聞こえないよね」

 呼吸を整え、ふらつく頭で思い返す。

 知らない人に優しくされると怖くなって、頭の中がぐちゃっとして、息が苦しくなる。恐怖が首を締めつけ、冷静じゃいられなくなっちゃう。

 どこかに『優しさアレルギー』を治す薬、売ってないの?

 

 厄介な症状にかかったのは小学生の頃。訪問販売か勧誘か覚えてないけど、そんな人が家に訪ねて来たときだ。

 笑顔で優しく話す、感じのいい人だった。でもお母さんが断った途端、大声で怒鳴り始める。飛び出そうなほど開いた目で、床や壁をバンバンと叩く。
 最後に私の靴を思い切り踏みつけて帰っていった。

 私は思い知る。
 綺麗なカーテンだと近寄れば、闇の中から怪物が襲い掛かる。決して近づいてはいけない。

 それから知らない人の親切に触れると怖くなり、めまいと息切れが起こる。
 成長しても症状は収まらず、おかげで友達の数は小学二年生で止まったまま。

 友人は『優しさアレルギー』なんて茶化すけど……全然笑い事じゃないっつーの!
 触るものみな傷つけるこんなトゲトゲの鎧、脱ぎたくて仕方ないんだから!

 きっとハリネズミはこんな気持ちなのかなあ、なんて勝手に同情してる。

「新しい友達がほしいよ……そうだ!」

 

 私はペットショップに向かった。
 人間がダメなら、動物を心のよりどころにしよう。

 店内に入ると、たくさんの犬と猫が、わんわんにゃんにゃんと声をかけてお出迎えしてくれた。
 ふわぁぁ……みんなかわええなぁ……。

 そのなかで、つぶらな瞳のポメラニアンに目を留(と)めた。
 抱っこさせてもらうと、もふもふの毛が私の肌を優しくくすぐる。

「ううっ……!?」

 不意に頭がクラクラして、呼吸が苦しくなる。

 え……うそでしょ……? 人間以外の「優しさ」も駄目なの……?

 症状が大人になって悪化している。私の優しさアレルギーがこじれている!

 動物とも共存できないと知った私は、山奥のキャンプ場に足を運んだ。
 清々しい青空、緑豊かな野山。ここなら安心安全ね。

「んー、空気がおいしいー……っっ!?」

 自然の優しさに触れていると感じた瞬間、心臓がドリブルを始めた。私のバカ!
 美しい景色が地獄にひっくり返る。私は動悸(どうき)を押さえつけ、息も絶え絶え、キャンプ場から逃げ出した。

 どうしようもなくなった私は街へ戻り、目についたビルに飛び込んで、屋上まで駆け上がる。
 ここなら人もいない。動物もいない。緑もない。あるのは夜空と輝く星だけ……。

「ぐっ! うぅ……星空が優しく包むって思っちゃった……学習しろよ私ぃぃ……」

 朦朧(もうろう)とした意識の中で理解する。もはや地上に私の居場所はない。
 どこにいても苦しいだけなら……もう、いっそ……。

 ふらつきながら柵に向かうと、スーツ姿の男性が立っていた。靴を脱ぎ、手には封筒を握っている。

 話を聞けば、職場の人間関係に悩んで人生をリタイヤしようと決意したらしい。
 他人とのつき合い方に困っているところが、私と似ている。

 気づけば朝日が昇るまで、彼の苦労話を聞いていた。

 どうして見ず知らずの俺に優しくするんだ?
 彼の疑問に、私はなぜだろうと考えた。

「うーん……優しくしたい、って思ったから、かな」

 答えを伝えたとき、心の中からふにゃり、と音が聞こえた。尖った針が和らぐような音。

 そういえば、優しさアレルギーが発症してから、私は他人に優しくしてこなかった。
 だから今、身をもって知ったのかも。

 怖くなんてない、純粋な優しさを。

 それから私の症状は、ちょっとずつ落ち着いていく。
 他人の親切に丁寧なお礼が言えるようになった頃、彼といつまでも一緒にいることを誓った。

 お母さんが苦労した分、あなたは絶対に守ってあげる。
 だから、むやみに針を尖らせちゃダメだよ。

 私はこれから生まれてくる命に、優しく語りかけた。

<終>

利用規約について

・各部員の作品はHEAR内で自由に朗読していただけます。許可などの連絡も不要です

・BGMやSE、サムネイルは自由につけていただいて構いません

・一部抜粋しての朗読も可です

・ハッシュタグ「#HEARシナリオ部」をご利用ください(タグがないと検索に引っかからず、投稿作品のシェアが困難になるためです)

「竹乃子椎武」名義の作品は指定のクレジットを記載していただければ、HEAR外でもご利用いただけます。

外部利用する場合のクレジット表記は以下の3項目です

①台本のタイトル
②作者名と所属する部活(作者名:竹乃子椎武、所属:HEARシナリオ部)
③台本が投稿されている投稿URL(個人サイトや外部サイトに関わらず、ご覧いただいたページのURLおひとつだけで構いません)

<記載例>
One-shot Lover!
作者:竹乃子椎武(HEARシナリオ部)
https://takenokogurashi.com/hear-scenario-club-202102

※クレジット表記できない場合は、音声内のどこかで読み上げをお願い致します(URLは不要です)

 詳しくは台本利用規約の「HEARシナリオ部作品の使用について」をご覧ください。

スポンサーリンク

HEARシナリオ部の作品はこちらからどうぞ

 部員の作品投稿リンクを4か月ごとにまとめています。朗読していただいたHEARユーザーのみなさまの投稿リンクも合わせて掲載しているので、ぜひお聴きください。

【HEARシナリオ部】投稿作品まとめ一覧 HEARシナリオ部の投稿作品をまとめたページの一覧です。こちらから各部員のシナリオ掲載ページや、朗読していただいた皆さまの投稿ページに...

HEARシナリオ部の番組紹介

 HEARシナリオ部がお届けするラジオ『広報「シナリオ部です。」』は音声配信サイトHEARさんで、毎月第2金曜日に配信しています。

 各作品やHEAR内で朗読投稿していただいた方の紹介、部員による創作の裏話などお話しておりますので、ぜひお聴きください。よろしくお願い致します。

竹乃子椎武の創作作品一覧 竹乃子椎武が制作したシチュエーションボイスや脚本、ショートシナリオを公開しています。規約をご覧いただいた上で、ご自由にお使いください。...
ABOUT ME
たけのこ
登録販売者資格を持つドラッグストア店員です。 趣味で小説投稿やゲーム実況なども行っております。よろしければそちらもご覧くださいませ。